読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メールアドレスが・・・

こんにちは!

 

昨日のことです。

私はスゴイことに気づきました。(ちょっと大げさかな)

私のパソコンのメールアドレスが、彼の名字と一緒でした!!

名字の4文字中、最初の3文字をメールアドレスに使っていたのです。

 

「えっ!?」

 いつの間に!?

 

というか、私はもう何年もこのメールアドレスを使っていますから、当然彼の名字

の方を後から知ったわけです。

 

このメールアドレスは、当時の会社のメンバーの頭文字をひとつづつ拝借して、

適当につけたモノなんです。

それがまさか名字と同じなんて・・・ 

アルファベットだからか? 今まで、全然気づかなかったです。

 

 ついでに言っちゃうと、あとはですね、私、彼の家を知っています。

どういうことかというと、

彼の家の写真をメールで見せてもらっていまして・・・

その家が、3階建てで結構特徴のある色なんですね。

最初に見た時から

「あれ!?どっかで見たことある」

と思っていて、

でも、思い出せないんです。

どこで、見たんだろう? こんな建物。。。

こんな感じのお店でも見たのかなぁ。。。

んー、

やっぱり思い出せない。。。

 

私が、ツインソウルという言葉を知って、いざ、いろいろ調べようとした時に、

わりと必要な材料を与えられていたことに、気づきました。

家の写真もそうですし、手や爪の写真もそうです。

バレンタインチョコレートを送ったので、住所も聞いていましたし。

それらの材料は、すべてシンクロに繋がっていました。

 

 でも、年齢だけはわからないようになっているんですね(笑)

もう、私の中で年齢差というのはどうでもよくなりましたけどね。

彼の存在を知って、初めて年齢についての偏見があったことに気付かされたのです

が、今は以前から思っていたように、この年齢分、人生を重ねてきたから今の私が

あり、今の自分がきっと一番素敵に決まっているんです。

私なりに毎日、成長をしているハズだから・・・(笑)

 

彼とは、どういうご縁なんだろう?

わからないけど、何かしらのカルマ的因縁のようなものは感じません。

今までに会ったことのないタイプですから。

 

多分、先に3次元で会っていたら好きにはならなかったと思います。

彼の容姿は、彼に聞いたかぎりでは、私が恋をしてきたタイプとはまったく

正反対ですから。

 

私が、こう言ったらこういう返事が来るハズ!

と思っている返事が来て。

だから、すごく楽しい思えるのです。

私の好きな食べ物は嫌いという彼。

彼の好きな食べ物は私の嫌いなものばかり。

それでも、笑うツボは同じなんだ。

 

「一度、楽しくおしゃべりしたいね!」

 

それが、彼に一番言いたいことです

 

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村

 

片思いから両思いにさせる誰でも使える心のコントロール方法

★恋愛のカリスマが教える片思いの彼を振り向かせる最強恋愛術