読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインソウルに伝えたいこと

 

こんばんは!

 

 気付いた方もいると思いますが、デザインを変更してみました。

本当は、もう少し読みやすくしたいところなのですが。

2~3年前は、アメブロとFC2でいろいろカスタマイズもしていましたが、

今はそんな情熱もあまりなくなってしまいました(笑)。

 

このブログに、時々コメントをいただきます。

(今は承認せずに、個別に返事をさせていただいています)

当然のことながら、ツインに出逢われたという方がほとんどです。

そうすると、私は

「おめでとうございます。」

と返事をしているんですね。

私自身は、ツインに出逢わない方が、かえって幸せなのかも

と思っています。

それなのに、出逢っている方を祝福したくなるって。。。!?

矛盾していますね。

「ツインと出逢うのは幸せなことである。」

と、私の深層心理は、そう認識しているのだと思います。

ツインに出逢えたこと・・・

素晴らしいことと思っていいんですね。

 

さて、

今日はメッセージ性のあることをお伝えしたいです。

誰になのか・・・?

もしかしたら、私自身に向けて言っているのかもしれません。

 

生まれて初めて男の人と付き合ったのは、高校3年生の時でした。

顔がタイプで、押しの一手で、半年くらいアプローチをしたことを

覚えています。

付き合うようになり、学校帰りに毎日、自宅に遊びに行っていましたが、

卒業と共に疎遠になり、自然消滅となりました。

それから、一年ほどして、その彼は自ら空へと旅立ってしまったのです。

 

30歳になった頃でしょうか。

ある日の夕方、交通事故のニュースがTVで流れました。

大型トラックとバスの正面衝突で、両運転手が帰らぬ人となってしまった

のですが、そのうちの一人が、私の付き合っていた男性でした。

その時は、別れた後でしたけどね。

 

ごめんなさい。少し重いことを書いてしまいました。

 

当たり前と思っている日常も、当たり前でなくなることがあるのだと。

それは突然に・・・

ここ数日の日本を見ていても、自然の力には逆らえないことが起きています。

 

でね、思うのです。

あまり、もたもたしていたらダメだって。

今、ツインソウルがたくさん出逢っている意味は何かと考えたら。

ツインソウルの愛や光やを必要とされているのだったら。

一組でも多くのツインカップルが統合しなければいけないのだと

思います。

もし、ツインかもしれないと思っているのなら・・・

いつまでも立ち止まっていたら、もったいないですよ。

今のこの時間を大切にしてください。

今生なんて、振り返ってみれば、あっという間に終わってしまいます。

どうぞ、勇気を出してください。

待っているだけでは、時間ばかりが過ぎてしまいます。

魂の声やご自分の直感に従って、大切な人とたくさんの時間を共有できるように

しましょう。

それは、3次元、5次元にこだわらずともです。

大切な人をいつでも近くに感じられるように。。。

 

 

ランキングに参加しています!

よければポチッとお願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ