読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインミッション・・・人と比べてしまう

 

こんばんは!

 

昨日、今日とやる予定があるにもかかわらず!

ほとんど寝てしまいました。

ちょっと横になるつもりが・・・。

あちゃー。。。

まぁ、でも、

その後、不思議な夢をみたので。

私の魂が作戦会議にいっていたのかもしれません。

さぁ、その夢のメッセージを信じることが出来るのか!?

「信じきる」ミッションは手強いですから・・・(笑)

 

ツインのお相手と自分との関係。

時に、気持ちがブレてしまいませんか?

 

少しね、身軽になれているときはいいんです。

乗り越える決意に満ち溢れているんです。

多分、鏡を見てもいい顔をしていることと思います。

 

けれど、そこに、ほんの小さな穴があいただけで、瞬く間に不安という

悪魔がささやき始めるのです。

 

昨日会って話をしたツインのお仲間さんは、大きく自分の生活を変える

決断をしたとのことで、それはそれはスッキリした様子でした。

それまでたくさん悩んでいたのを知っているので、ようやく結論を

出せた彼女の今後が私も楽しみです。

きっと、いいことが待っていると思うから。

 

ちょうど、そんな流れなんでしょうね。

私の周りのツインさん、皆さん、自分なりの進むべき道を歩み

だしているように思います。

「類は共を呼ぶ」

なのに?

私は?

昨日、今日は寝て終わってしまっているけれど、大丈夫?

みんなから置いてきぼり?

頑張れてる?

 

例えば、どなたかのブログがあまりに立派だったりすると、どうしても

自分と比べてしまったりします。

(だから、あまり読みません(笑)

 

それでも、やっぱり人それぞれ。

人の数だけ物語があり、オリジナルなのだと思います。

取り組む課題も違うでしょうし、気づきも違うハズ。

何より・・・みんな一緒じゃつまんないですよね!?

 

そう。

だから、取捨選択しながら自分のストーリーを作っていくこと。

人に劣っていることも、ましてや、自分が人よりも優れている

ものでもないということ。

 

割りと人って、自分と他人を比べて優越をつけたくなるものだと思います。

学歴なんていい例ですよね。

いい学校を出て、一流企業に就職できたら、それだけで幸せになれる

ものではないけれど、それでも、有名企業に就職できると安泰のような

風潮はまだまだあります。

そういう偏見のない、自分と違う事、考えを否定することなく、受け

入れられる世の中であるといいな、と思います。

 

なんだか、まとまりのない内容になってしまいました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

 

ランキングに参加しています!

クリックしてくださると嬉しいです!

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ