読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を変える選択

 

こんばんは! 

ご無沙汰しています。

 

精神的にキツイ日が多く、お風呂に入らないまま寝てしまうことも

あったりします。(ダメですねぇ)

というのも、職場で「イジメ!?」かと思うような扱いを受けているの

です。実際はイジメではないですが、そのくらい不平等な仕事量を与え

られています。トップが変わり社屋も引越しをし、いろんなシステムが

変わったせいなのですが、周りの職場の人達も口を揃えておかしいよね」

と言っています。さて、3月いっぱいの繁忙期どう乗りきれるのか!? 

手探り状態です。

 

彼のことを考えている暇がないようにと天からの計らいなのかも

しれません。(笑)

本当は、私は自分が我慢すればいいからと長い物には巻かれるタイプ

なので、そこに向き合わさせられているのでしょう。

実際、私がどんどん意思表示をしないといけない状況になっています。

 

それから・・・

私が結婚していることは以前書きました。

ツインソウルに出逢う前 - 私たちはツインソウルでしょうか?

 

今、離婚の準備をしています。

本当は当初の予定通り、子供の学校の区切りの良い2年後と思っていました。

けれど、昨年12月から主人の飲酒が多くなり、1月に入ってからは職場

から救急車で搬送されたり、職場から私が呼びだされ迎えに行ったりという

ことが続き、「私は主人が起こすアルコール問題の謝罪をする為に結婚を

したんじゃない。」そう強く思うようになりました。

家の電話が鳴るたびに、警察?消防隊?と胸騒ぎがするような生活を

あと2年も過ごすのは我慢ができなくなったのです。

いざ離婚を決心したものの、順番にいろいろなエゴが現れました。

離婚に偏見など持っていないと思っていたのに、自分がその立場になろう

とすると、他人から「子供が可哀想」とか「大変だね」と思われるん

じゃないかと、そんなふうに哀れに思われるのは嫌だと思いました。

世間は思ったことを言うだけで、何かしてくれるわけでもないのだから

どう思われようと平気だと頭ではわかっているのに、仕事以外の事でも

こんなに他人からの評価というものを気にする自分を思い知りました。

 

離婚しよう

 

やっぱり止めよう

 

その繰り返しの1月2月でしたが、離婚を思いとどまると主人が問題を

起こすのです。そんなことが続き、やっぱり離婚したほうがいいという

事なのかな・・・・と思ったワケです。

主人がそのような態度に出るということも、主人側の守護霊たちのメッセージ

なのかもしれません。主人がアルコールと向き合うには離れた方がいい

という・・・

そうは言っても、これから子供を高校・大学と進学させるのは大変なこと

だろうと思います。

まぁ、なんとかなると思っていますけどね。

(そう思っていなければ覚悟できないです。)

離婚をするのも勇気がいるし、この生活を続けるのにも勇気がいるとしたら、

新しい人生を歩みたいと思ったのです。

あと2年我慢をするのではなく、要らない不安や心配事を手放して、自由に

生きたいのです。

私は人生を変えることを選択しました。

 

私が離婚をしたとしても彼とのことは何ら変わりません。

私が既婚で子供もいるということを彼は知りません。

同じく彼が何歳なのか?独身なのか?わたしも知りません。

一度も会うことなく音信不通になって半年近くなります。

これが不倫の関係ならば、私が離婚することは何らかの一歩になりそうですが、

私たちの場合はまったくそうではありません。

 

これから先、彼と連絡を取ることがあるのか?ないのか?

それはわかりません。

ツインソウルならこうあるべき。という概念を手放したいと思っている

私は、ただただ自分の心の声に従っていくだけです。

 

※コメント・メールのお返事がなかなか書けないでいます。

 ごめんなさい。もう少しお時間ください。


にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ