読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっぱいの愛情

 

こんにちは!

 4月1日ですね。

 

私が知る、私と交流のある人たちが何だか揃って

「ツインソウル」

の手放しができているみたいです。

先日もブログに書きましたけど、そういう時期なのかもしれません。

 

そんな中、私はといえば「ツインソウル」について考えてはいないけれど

「彼」について考えてしまいます。

 

腹が立ってみたり、どうでもいいと思ってみたり、

もうそんな人、最初からいなかったものと思ってみたり。

一通り考えが一周してしまうと、やっぱりまた元に戻ってしまうんですね。

 

なんだかわからないけど、どこが一番と言えないけど、

それでも愛おしいと思えてしまう。

顔も知らないのに・・・

会ったこともないのに・・・

本当に不思議でたまらない。

 

何故?

私はアナタのことが忘れられないのか?

いつまでも好きだと想っているのか?

 

日常に忙殺される中で、彼のことを忘れられそうな気がして・・・

「なぁんだ、案外忘れることも無理じゃないのかも!?」

なんて思っていたけど・・・

やっぱり、引き戻されるのですね。

このまま離れ離れでもずっと好きだと、好きな気持ちに降参するまで

繰り返されるのかもしれません。

 

自分でも理解不能なのですが、彼に対する気持ちというのは

子供への思いより上なのです。

 

不思議なことはたくさんありますけど、架空に近いともいえるような

人物のことをこんな風に思ってしまう、これも不思議なことのひとつ

です。

 

このブログを読んでくださる方には理解してもらえるのかもしれませんね。

 

 

ランキングに参加しています

 


にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ