読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離婚するということ

 

こんばんは!

 

4月はキツかったぁ~。

 

実は、私、4月11日に離婚しました。

平成25年の予定では、子供の学校の区切りの良い30年に離婚する

つもりでしたから、2年ほど前倒しになったわけです。

主人が1月から職場で問題を起こし、働けなくなってしまった事が

大きかったです。

高校受験・大学受験を控えた子供に加えて主人を扶養するのは無理

ですから・・・。

彼のことは関係ないのか?と言われれば、それも間違いなく関係あります。

会ったこともないし、これから会える保証もないし、ましてや避け

られている身で自分でも滑稽だと思います。

それでも、もし、会う時が来たのなら、

「結婚している私」

ではなく

「独身の私」

でいたい私がいました。

彼の方だって、もしかしたら既婚なのかもしれません。

それでも、私は

「アナタだけが好きだという証」

に独身になりたかったんですね。

ホント、バカです。

 

でも、もしも・・・

主人がアルコール依存症でなかったのなら?

それでも離婚していた?

と考えると、それはわからないです。

 

けれど、彼という存在がなかったら・・・

離婚に踏み切れなかったかもしれません。

 

主人がこれから働くことが出来るのか?わかりませんけど、

子供にとっては大事なお父さんに違いないので、協力していきたい

と思っています。

 

そして、離婚した事実がなかなか受け止められない私がいます。

今も友人誰ひとりとして、離婚の事実を伝えていません。

「大変だね~」

と思われたくないんですね。

実際、いろいろと大変だろうと思います。

まだ実感が湧かないだけでね。

たくさん働かなきゃいけません。

 

そうそう、離婚届けを提出に行った時、担当の女性の方が

彼の名前と4文字中2文字一緒でした。

△◯◯△・・・(◯の部分が同じ)

まっ、こんなのはシンクロに入りませんね。

そして、戸籍の窓口だからだと思いますけど、

出生届と間違ったのでしょうか!?

「おめでとうございます」

と言われビックリしました。

若いお母さんには見えないと思うのですけど・・・

まさか!? おばあさんと間違われたとか!?

 

これで良かったのか!?

と考えたりもします。子供は酔っていない時のお父さんは大好き

ですから。。。

我慢が足りないのかと悩みました。

 

今は進むべき方向へ顔を向けて、前へ進むしかない。

そう思っています。

  

ランキングに参加しています

 


にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ