読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランナーは戻りたい時に戻ってくる

 

こんばんは!

 

「今まで時間を無駄にしてきたなぁ~」

と、つくづく思いました。

 

この8ヶ月間、

「どうして、彼は手の平を返したように突然無視したのだろう?」

「何か怒らせるような事をしてしまったのか?」

こんなことばかり考えていました。

 

彼の気持ちが知りたい!

私のことをどう思っているのか知りたい!

 

でも、、、

要するに完全無視しているってことが答えなのです。

もちろん理由はあるでしょうけど、それはやっぱり彼にしかわかりません。

聞くことができればいいけれど、なんせ無視されている身です。

聞くチャンスなんてありません。

それならば、どんなに彼の気持ちに思いを馳せても、それはもう

私の想像以外の何物でもありません。

 

わからないけど、彼には無視する何かがあるのです。

 

ランナーが逃げている間、チャイサーのことを忘れているでしょうか?

もしかしたら忘れている期間もあるかもしれません。

けれど、その時がくればちゃんと思い出します。

 

チャイサーが待っていることはランナーは分かっているのでしょうか?

それはわかっているでしょう。

たとえ、チャイサーの方が連絡取るのを止めてたとしてもチャイサーの

気持ちは潜在意識でお見通しのハズです。

 

何度拒否しても、なお自分を追いかけてきたチャイサーの存在。

いよいよ、ランナーがチャイサーに向きあおうと思った時、

「今更連絡できない・・・」

「まだ自分のことを好きでいてくれてるかな・・・」

なんて、そんなちっぽけなことは思わないと思います。

何度も勇気を出して愛を表現してきたチャイサーに、

ランナーはもっともっと大きな愛を持って戻ってくるでしょう。

 

もし、戻ってこないのならば、それは唯一無二のツインソウル

ではないということ。

でも、戻ってこないランナーをいつまでも待ち続けているのではなく、

自然と思い出に変わっていく。もしくは、本物のツインソウルに

出逢う。など、いつまでもチャイサーとしての苦しみを味わうという

ことはないんだと思います。

 

最近は、仕事中に「ふっ」と彼の事を思い出すことはなくなりました。

もう、仕事中はそれ以外の事を考える余裕がなくなってしまっている

のですけどね。

それも、結構なことです。

 

多くのランナー&チャイサーが結ばれますように☆

 

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ