読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知り合ったのは・・・

初めて彼を知ったのはSNSでした。

まぁ、趣味のグループの中にたまたま彼も私も居たワケです。

最初はなんとも思っていなかったのですが、だんだんと「楽しい人だな!」と思う

ようになり、私の中で彼はお気に入りの存在となりました。

そうはいっても、あくまでもSNS上の付き合いだから・・・と、

どうなるワケでもナイと思っていました。

が!

ある時、彼から個人的にメールが来たのです。

そんな展開を期待していなかった私のはずなのに、彼とのやりとりを続けるうち

に、だんだんと彼のことを好きになっていきました。

グループの時には気づいてなかったのですが、どうやら年下のようで・・・

しかも、かなり年下のなのかもしれない・・・。

もしかしたら、ひとまわりくらい離れているんじゃなかろうか?

怖くて「歳いくつ?」とは聞けませんでした。

彼は彼でわたしのことを何も聞いてこないので、年上と思っているのか?

いないのか?

彼に彼女がいるのか? いないのか? 

なんにも知りません。

たわいもないやりとりしかしてない私たち。

ほんの一行の文でも楽しいと感じている私。

彼がどう思っているのかはわかりませんが・・・

「こんなに年齢差があったら絶対引かれるよね!?」

「まぁ、でも遠距離で実際に会うわけでもないしねっ!」

「心の中で好きでいるぶんには問題ないよね!」

そう思っていました。

好きだけれど、まだ、後戻り出来るくらいの好きだと思っていました。

 

それから、すぐのことです。

彼がこちらに用事があって飛行機で来るんだとか・・

へぇ~!とびっくりしました。こちらに仕事で来ることがあるらしく、会おうと思

えば会えるんだということを、その時に知りました。

でも、まぁそんなに来ることはナイでしょうし・・・と、思っていた私なのです

が、その二ヶ月後にまたこちらに来るというのです。

えぇー!また来るの?

今度は彼の方も会う気満々と言った感じで・・・

私は困りました。本心は私だって会いたい!

でも、でも、でも、

「用事があるから。」と私は会わないことを選びました。

だって、年齢差があるんだもの!会えるワケないじゃない・・・

できることならすぐにでも会ってみたい!

会えるチャンスがあるのに会えない現実。

いろんな心の葛藤がありました。

会うことを選択できないというコトは、私が考えていたより、とても辛く胸が痛

かったのです。

私は、彼のことが本気で好きなんだと思い知らされました。

そして、その時にわかったのです。

これは、一度は会わなければいけない人なんだな、と。

多分、この先もこうして会うように試されるよ、と。

その時から、抑えていた気持ちが抑えきれなくなり、「会いたい」と願う魂の声に

従おうと思ったのです。

私の心は「いや、会ったらガッカリされるよ」と言っています。

でも、会わないことを思うと心臓がドキドキドキドキして、苦しいのです。

そして、会わずに終わってしまったら、一生後悔すると思いました。

「次は・・・、今度チャンスが来たら絶対会おう」

そう決めました。

その思いから、私はたくさんたくさん歳の差カップルについて調べたのです。

 

そして、ある時ツインソウルというモノを知りました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 ランキングに参加しています

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村