読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインソウルにこだわっているわけではない

 

こんばんは!

 

「相手がツインソウルじゃなかったら、好きにならなかったのですか?」

という、よくある問いかけです。

 

最初から読んでいただいている方は、気付いているかもしれません。

いつの間にか、

「私たちはツインソウルでしょうか?」

ではなく、

「私たちはツインソウルです」

として、ブログ記事を書いています。

 

「会って確かめます。」

と言っていましたが、会わなくても

「それ以外ないんじゃない!?」

と思うようになりました。

 

けれど、彼がツインソウルだろうが、ソウルメイトだろうが、

何らご縁のない人だろうが、どんな関係でも

変わらなく好きです。

 

他の人ではなく、どうしても彼がいいのです。

 

多分、ほとんどのツインの方がそうだと思うのですけど、

最初はツインソウルなんてものは知らず、

(私もツインソウル=ソウルメイトと思っていました)

でも、なんだか、これまでとは違うことだらけで、

「何だ?何だ?」と

いろいろ調べるうちに、ツインソルの概念にたどり着き、

それがあまりに、自分たちにピッタリ当てはまり、

「そうだったのか。。。魂が一緒。。。

だから、こんな不思議なことばっかり。

だから、こんなにどうしようもなく惹きつけられるんだ。」

と、腑に落ちる。

という流れで、現在に至っている。方が多いのでは

ナイでしょうか?

 

ツインという概念に当てはまるから、自分やお相手のことを

ツインソウルと呼んでいるだけであり、

巷で言われているような、ツインソウルに出逢えるのが、あたかも

特別のような優越感みたいなものなんて、持っていない人の方が

多いのでは!?・・と思います。

 

実際のところ、「ツインソウルに出逢えて良かった。」

と心から思えるようになるまでには、結構ハードな道のりが

待っています。

 

「ツインソウルに出逢えて良かった」

ではなく、こんなに相手のことを思いやる事ができる

「彼なり、彼女に出逢えて良かった」

 ということなのかもしれません。

 

以前、「◯◯を手に入れると魂の片割れであるツインに会えます」

というようなものを見たことがあります。

ツインソウルって、そんなものですか?

お金という対価でどうこうというのは、よくいわれる

「ツインソウル=無償の愛」

とは、一番遠いような気がします。

 

もし、ツインソウルに逢うこと。ツインソウルと結ばれること。

それらを「宇宙、天、神、大天使など」にお願いをするのなら、

お金という対価を渡すのではなく、別のモノを示すことなんだと思います。

それが何なのか?

(愛の実践とか・・・ライトワークとか・・・)

それも、人それぞれの課題なのでしょう。

いろんな壁を乗り越えながら、それらを見つける。

それが、ツインソウルを探す近道なのかもしれません。

 

 

ランキングに参加しています!

クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ